国際・平和


ならゆんおきなわ

ならゆん・・・「学ぶ、知る」のうちなーぐち(沖縄のことば)です。沖縄のことを学ぶ、沖縄に学ぶ、の二つの意味をこめました。基地のこと・沖縄のことを2ヶ月に1回学びます。ゲストを囲んでのトークや映像、ニュースを題材に事実や背景を知り、基地返還について話をお聞きしあtり、ワークをしたり。どなたでも、ご参加ください。参加費500円。  

主催、「標的の村」福岡上映委員会から生まれた市民の集まり ”ならゆん実行委員会”です。

沖縄を知る勉強会   偶数月 第4土曜日17時30分~19時  *12月のみ第2週                                  場所:福岡YWCA会館 会費500円

                                    

  2017年2月25日(土) 沖縄ナイト 「三線を聞く会」

                郷土芸能から見る沖縄(仮題) 唄と三線を交えた番外編

                講師:西山知華子さん/琉球民謡松弦会・西山知華子琉球民謡研究会  

  

  6月25日(土) 「はじめての辺野古、高江の今」 

           きどゆりこさん:福岡在住の会社員。楽しみながら社会問題を勉強する「ちゃり亭」「夜の大学生」

                      などを企画。また脱原発を中心にデモの賑やかし担当。ただいま三線修行中。

             深水登志子さん:福岡在住の小学校教員。元沖縄県東村高江の「ヘリパットいらない」住民の会

                        事務局で現在「Stop!沖縄新基地建設・福岡」代表。R.シュナイターの「教育は

                        社会運動である」との考えに共感し、教育を含めた自給自足生活の実現が夢。 

  8月25日(土) ”地位協定”について /テキスト「それってどうなの?沖縄の基地の話」

  10月22日(土) 沖縄県「先島(さきしま)」の歴史と現在そして課題 岡本茂樹さん

  12月10日(土) 「いのちの森 高江」上映会 

   


●日韓ユースボランティアキャンプ Make a Peace!

日韓ユースボランティアキャンプは、韓国・晋州YWCAの呼びかけで2002年に始まりました。

  中・高・大学生を対象に、一人一人が顔の見える関係を作ることが、

平和への一歩につながるという思いを込めて、毎年福岡・晋州と会場を移しながら行っています。 
福祉施設でのボランティア活動、環境保全活動、文化交流、ホームスティ等。

  誰かのために働く喜びと、海外の友だちができる楽しさがぎゅっとつまったキャンプです。  

2016年8月9日(火)~8月14日(日) 2016年終了しました


第40回 平和の集い 1日丸ごとPEACE館

2016年6月25日(土)10時30分~19時 <終了しました>

         パリの多国籍多言語の子どもたちの適応クラスの1年間を描いた

               ドキュメンタリー「バベルの学校」上映

  「バベルの学校」上映  ①10:30~12:00 ②13:30~15:00 ③16:30~17:00 料金700円   

12:00~12:30 多国籍の子どもたちの学習支援「YWCAハッピースクール」の報告会を行います。

ハッピースクールは、日本語がわからないまま地域の小中高校で勉強している子どもたちを対象とした福岡YWCAの日本語教育と教科のサポートです。日本語の先生と学習指導ボランティアで行っています。子どもの学習支援、居場所つくりに関心がある方、困っているお子さんをご存じの方、どなたでもお越しください

「安全保障関連法廃止に向けて」 講師 後藤 富和弁護士 15:30~17:00

 昨年夏、平和を希求する人々が安全保障関連法案に反対し、民主主義ってこれだ!と、”誰の子どもも殺させない””再び戦場へ子どもたちを送らない”と自分の意志で声をあげ集まりました。大反対の声にも関わらず法案は通ってしまいましたが、今から廃止に向けてできることを、後藤弁護士とともに考ええたいと企画しました。これからどうなっていくのか、どうすればいいのか 考えませんか。

ならゆんおきなわ 「初めての辺野古、高江の今」 17:30~19:00 会費500円


第39回平和の集い<終了しました>

1日丸ごとPEACE館 2015年7月18日(土)10時30分~19時